My Favourite Things
腐です。しかもほとんど3次です。
プロフィール

ぶう

Author:ぶう
ゲイのカップルや3次がダメな方は見ないで下さい。
海外のゲイ映画やドラマの和訳動画を作ったりしています。ニコからFC2へ引越しました。
アップ動画の転載はしないで下さい。



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最新記事



最新コメント



カテゴリ



月別アーカイブ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



最近のいろいろ。
ゴールデンウィークは遊び周り、今週は通常生活が始まって寝不足の一週間となりました。何もしてないのに疲れた・・・。眠い。
睡眠不足のせいか、腐活動を控えていたせいか、時間があってもあまり腐の方向に向きません。和訳もまったくする気がおきん。
ついでに「Gay OK Bangkok」が終わったら、タイドラマに興味がなくなってきたような・・・。というか、今まで観ていたドラマに飽きてきただけなのかもしれません。「2 Moons The Series」も始まったんですが、そんなタイドラマ総合の話はまとめて来週に。

今日は最近の私の夢中になった物の話を。

まずは中国ドラマ「太子妃 狂想曲」全19話。
全然腐じゃないwww
なんちゃって歴史ドラマ+タイムスリップ物。中国はこういうの好きね~。

   01 02231893

ひどいwww
なんだよこれwww
と、爆笑しながら見れるコメディです。
プレイボーイの現代人のチャン・ポン(男)がタイムスリップして、古代中国のとある国の皇太子妃チャン・ポンポン(女)になってしまう話。
ほんと、なんなんだよw
いや~、笑った!途中まではね。
後半はチャン・ポン(男)の意識が同化されてしまったのか、チャン・ポンポンの言葉遣いは悪いものの、チャン・ポン(男)の心の声が出てこなくなります。残念。そこが好きだったのに。
体は美女で心は女好きの男のチャン・ポンポンが、彼女の夫である皇太子(後半は皇帝)をどうやって好きになっていくんだろうと楽しみにしていましたが、なんか突然意味もなく好きになってましたよ。ひどいw 一番大事なのにw
このドラマはエンディングが3つあります。3つともYTにあるので観ました。ついでに日本版でカットされてしまった九王の城を去るシーンもYTにあります。ありがたや。
ハチャメチャB級コメディが好きな人にはおすすめ。
本当にひどいけどw


私お勧めのBL漫画「ひだまりが聴こえる」の映画が6月24日から池袋HUMAXシネマズで公開します。
Trailerも出ました。



ちょっと良さそう。
観に行く!絶対に観に行く!!
あの彼女に間違われるような若いママ役が高島礼子か~。

6月4日にプレミアがあります。2500円。キャストの舞台挨拶もあるそうです。
チケットぴあで今日からプレリザーブ。
一般発売は24日から。
プレミアに興味ある方はどうぞ。


ここ最近、はまっていたというか、一気読みしていたというか、続けて2回読んだウェブ小説があります。先月・先々月と上下巻で発売になりました。

   02 header

ファンタジーです。シンデレラストーリーなのかな?
好き嫌いが分かれる作品だと思います。
理由として、
①受けがおやじです。
②異母兄弟です。
③オメガバースっぽいです。

私はワンコ年下攻めが大好物なので、受けがおやじでもまったく構わないですね。ただ、ウェブ小説のせいか、エロシーンが多くてちょっと飽きた感があります。結局やってる事一緒だしねー。特に萌えるようなエロシーンでもないですし(私的に)。
ただ、この世界観がすごく好きです。
ぶっちゃけ主役二人はわりとどうでもいいんですが(あっ!)、彼らを取り巻く「灰色狼」の面々が個性的で魅力的です。本編はこれで終わりでも良いですが、というかとてもきれいに終わっていますが、「灰色狼」から見た主人達の話を外伝として一冊だして欲しいな~、なんて思ったりします。ちなみに私は兄上専属侍従長の「命」が好きです。ジジ専なのよね
私はオメガバースが苦手です。「セクピス」は好きなのに不思議。なんでBLなのにわざわざ女のサガを持ち出すのかがよくわからない。作者は可能だという事だけでそこをさらっと流してくれたので良かったです。

とりあえず読んでみたい方はウェブで読めます。
こちら→ここをクリック!
二回読むようでしたら書籍を買いましょう!書き下ろし番外編もついてますしね。
私は本屋を三軒周ってなかったので、結局Amazonで買いました。

古代中国のような架空の国のお話なので、読んでいてふと「十二国記」を思い出してしまいました。小野主上はいつになったら民に新刊を与えてくださるのだろうか・・・。終わらす気があるんだろうか。
書き下ろし長編が出るなんてずっと言い続けてるけど、あと何年待てばいいんだろう・・・。諦めたいけど戴国が気になって諦めきれない!!
本当に終わらせない漫画や小説って嫌いだわ。ムカツクー
でもまた最初から読み直しちゃう・・・。だって新刊出ないんだもん
スポンサーサイト


コメント
ぶうさん こんにちは〜
お久しぶりです😄只今 色々な事情があって腐活動休止中です。復帰したいなぁとは思っているのですが、なかなか復帰できず…

そんななかでも、ぶうさんのブログだけはこまめにチェックしておりました〜😁
ありがとうございます!

「ひだまりが聴こえる」良さそうですよね。でもちょっと気になるのが『太一くん若すぎ?』な所です。元気があって良いのかなww
観に行けないので、観に行かれたら感想 書いていただけるとうれしいです。原作好きなのでめっちゃ気になってます! 実写化しても良かったっていう作品になってればいいなぁって思ってま〜す😄
[2017/05/13 17:50] URL | ake #- [ 編集 ]


akeさん、こんばんは~。

お忙しい中、私のブログを読みに来てくださっていたとは!
どうもありがとうございます。v-415
腐活動が出来ないとはつらいですね。

「ひだまりが聴こえる」の映画を観たら記事を書きますね!
太一は元気じゃないと太一じゃないからw 
昔はBL映画というと適当に作った感じがありましたが、最近のはきちんと作られているのであんまり心配はしてないんですが・・・、確かに実写化失敗の可能性もありますね!

早く腐活動が出来るようになると良いですね。
また一緒に萌え語りが出来ますように。←とは言っても、最近は萌えドラマがないv-406
[2017/05/13 23:17] URL | ぶう #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2017/05/18 18:08] | # [ 編集 ]


moonさん、こんばんは~。お久しぶりです!


「太子妃 狂想曲」、ご覧になったんですね。
ふざけたドラマですよね~。私もあまりにも変なのでつい最後まで観てしまいましたよ。
YTに3つのエンディングがあります。日本放送分は、2つをミックスしたようなエンディングでしたが、一番良い最終回のような気がします。

「琅琊榜」も人気なので観ようかと思ったんですが、ちょっと暇がなくて。また時間があるのに腐活動が出来ない時にでも観てみようかと。
しかし、あちらのドラマはなんちゃって古代中国の話が好きですよね。
元がBLとは知りませんでした。

Trailerをみるかぎりだと「ひだまりが聴こえる」の実写化はそんなに悪くなさそうですよ。楽しみですねv-398
[2017/05/18 22:15] URL | ぶう #- [ 編集 ]

主上❗
お久しぶりです(*^^*)
私も小野不由美さん大好きで、はまったのが小学生の時のX文庫本でした♪以来ずっと好き!でも周りに共感してくれる友人は居なかったですが…(; ̄ー ̄A
十二国記ははじめ、読んでて辛くてしんどくて(屍鬼も)何度も挫折しそうになりながら読みました(苦笑)
十二国記はH25年に〈丕緒の鳥〉が短編集で出てますが、そこから早4年ですもんね~💦いつも忘れた頃に出るから気長に待つしか無いかな~(笑)
[2017/05/23 19:17] URL | うさぎ #- [ 編集 ]


うさぎさん、こんばんは~。お久しぶりです。

おお!やっと出て来た、同志よ!v-353
私も周りに小野ファンがいないんですよ。面白いのにね。

「丕緒の鳥」の短編集は正直がっかりでした。
「丕緒の鳥」の短編は、「主上の久しぶりの新作が出る」と聞いて、雑誌掲載時に読んでいたので内容は知っていましたし、最後にちょこっと凛々しい陽子が出てきたので、「まあいいか」って感じでしたが、他の短編は・・・。
主上はもう書けないんじゃないかな、と思ってるんですけどね。
だって新潮社から書き下ろし長編を出すってアナウンスがあったのって一昨年ですよね。まあ、体調不良のせいだそうですけど。ほんとかな~?v-389
もう小説じゃなくていいから設定だけでも教えて欲しい!
何で柳は傾いているのか?戴王はどうしているのか?戴麒はどうなったのか?芳国の麒麟はなぜ蓬山にいないのか?
広げた風呂敷はちゃんと畳んでくれないと。
ところで、私が一番好きなのは「図南の翼」です。珠晶、良い!
[2017/05/23 23:02] URL | ぶう #- [ 編集 ]

読みました‼
初web小説でした(笑)好きです、この世界観!
紙媒体よりかなり目が疲れて、ガーと没頭して読んでて目が開かなくなって…(´д`|||)
凄い充血にまふだの腫れ!泣きすぎたのか⁉状態(泣いてないですよ😅)時間も紙媒体ならサクサクいくんですが、なかなか進まずこの1週間寝不足+目の痛み(; ̄ー ̄A
でも凄く好きかも🎵教えてくれてありがとうございます❤
私も書籍捜して購入します(*^^*)
読んでて、六青むつみさんを思い出しました。
ちなみに私の一番好きな十二国記シリーズは〈風の万里 黎明の空〉です☺
後、ジャンルは違うんですが和田はつこさんの日下部先生のシリーズ好きでした。サスペンスホラーでたまにエグいんですがね(。>д<)
楽しい一時を過ごせました!またお勧めがあったら教えて下さいね!
ありがとうございました~☺
[2017/05/27 14:55] URL | うさぎ #- [ 編集 ]


うさぎさん、こんばんは~。

わ~、気に入っていただけてうれしい!
あの独特の世界観、良いですよね!

私も小説や漫画は紙媒体の方が好きなので、ウェブ小説を読むのには苦戦しましたw 長時間読んでると頭痛がしてきて大変でしたよ~。
書籍の方は書き下ろし番外編があります。特に下巻には、旅から帰って来た後の彼らの話が載っていてうれしいです。ウェブ小説の方の番外編は書籍の方には載ってないんですよ。だからウェブと書籍を両方読んだ方が良いですね。

「風の万里 黎明の空」も良いですね!陽子が男前でw
小野主上はもう書く気がないのかもしれませんが、結構、陽子の活躍を読みたいファンは多いと思うんですよね。もちろん戴麒と戴王の行方も知りたいですけど。
っていうか、もう何でもいいから新刊をくれ!って感じです。

ところで、和田はつ子さんの「多重人格殺人」をAmazonでポチしました。読んでみますね。エグいの大好きv-392
[2017/05/27 23:16] URL | ぶう #- [ 編集 ]

ゲット❗
〈緑土なす〉上下巻、土曜の晩にゲットしました~☺おかげで週末はどっぷりはまりこみ癒されました🎵
紙良い❗webでは登場人物が今一つ理解できなかったんですよ~💦
〈命〉さん良いですね❤妊娠も可能性だけでぼかしたのも良い❗
灰色狼視点の番外編、一冊出して欲しい❗
人気が有るのか、早くも二版になってました!私、細かい設定はこだわり無いんですが、溺愛攻にけなげ受けが好きみたいです(*^^*)
やっぱり紙媒体が時間忘れてはまれて良いですが、分厚くて持ち運びには適さないから、通勤途中とかの隙間時間にはwebが便利ですね🎵新しい発見をさせて貰いました❗(今頃⁉って思われそうで怖い😅)
以前に職場の同僚に小野不由美さんや和田はつこさんを貸した事が有るんですが…怖すぎて悪夢見たと読了せずに帰ってきました(; ̄ー ̄A
始めは意味が余り分からなかったんですが、藤木稟さんの〈バチカン奇跡調査団〉シリーズにはまってた時に処女受胎をする夢を見て怖いと言うかビックリするって言うか…💦💦なるほど、これはビビるな😣と、布教活動は止めました(笑)
奇跡調査団は途中で何だか疲れて、挫折したままになっちゃって…ホームのBLに帰って来てます(里帰り長~💦)
あ~、またこんな感じに夢中なれるお話に早く出会いたい❗
[2017/05/29 21:30] URL | うさぎ #- [ 編集 ]


うさぎさん、こんばんは~。

書籍版、ゲットおめでとうございます!v-353
やっぱり紙媒体は良いですよね~。
書籍を買った時、「デカッ!重!」とびっくりしましたよw 持ち運びが出来ないのはやっぱり残念でした。
命さん、素敵ですよね~。オマエ草を今世王に飲ませるシーンが大好きですw 命さんの胸で泣く兄上のシーンも。命さんはジジイだから、兄上より先に死んじゃうんだな、その時は兄上はすごく悲しむだろうな、とか勝手に先の事を考えてしまってたりして・・・。v-406
やっぱり灰色狼の番外編を一冊出して欲しいですよねー!

>怖すぎて悪夢見た
えー!そんなに?!
和田はつ子さんの「多重人格殺人」が今日届きました。楽しみ~。Amazonの評価を読んだら、多重人格というよりカニバリズムだと書いてあって、「ハンニバルみたいな?いいかもv-391」と期待大。

長いシリーズってたいがい作者が長い休みを取るし、その間に興味が薄れてしまうしで、結構途中で挫折する事が多いのですが、「十二国記」はしぶとく新刊を待ってますw 
夢中になれる小説ってなかなかないんですよね。でも出会えるとものすごくうれしくて幸せ!やっぱり私は実写より漫画、漫画より小説派!
[2017/05/29 22:51] URL | ぶう #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://kabayagi.blog.fc2.com/tb.php/587-08b14dfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)